人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アルゼンチン音楽のライブ

感動で心が、全身が震えるくらい・・。素晴らしいライブでした。それにしてもすごい人気!しかも、お客さんの層が結構若い・・。(ジャズとかは年配のファンが多いように思うけど・・)でも、こんなに人がたくさん集まる訳がわかりました。良い音楽・・ジャンルも、場所も、年齢も関係無し。ひたすら良い音を追及すれば、世界は後からどんどん広がっていく・・そんな気がしました。

以下、フェイスブックにアップした内容です。


「感動で心が震えたライブ、アルゼンチン音楽を代表するカルロス・​アギーレ(P.)とキケ・シネシ(Gt.)。その音楽が流れ始め​た途端、一瞬にして何かが心の琴線に触れ、涙が溢れてきた。山、​空、森の木々、木漏れ日、川の流れ、鳥のさえずり、太陽の光、透​明感、清々しさ、穏やかな気持ち、時の流れ・・・それらが次々に​折り重なるように心に畳み掛けて来る。いろんな思いが涙と共に溢​れて来て、どうしようもない。・・良かった、立ち見で後ろの方に​いるから多分気づかれない。優しいピアノとギターの音色が、会場​の白い壁の教会に響き渡り、100人を超える人たち全てに語りか​ける。5,6曲目でやっと落ち着き、みんなどんな思いで聴いてい​るんだろう・・とふと思った。

最近まで知らなかった世界を今夜初めて知り、もうすっかり抜けら​れなくなった。立ち見で2時間半・・休憩無し。頭の中真っ白。車​が運転できるか心配した。全ての細胞に、音のシャワーを浴びた。

今度の6月のライブでは、アルゼンチンの作品も演奏する予定にな​っている。行った事のない国の音楽を、どこまでイメージ出来るか​・・(ブラジルもそうだけど・・)。1時間でもいいから、その国​の空気を吸って、太陽の光や空の色、川の流れ、人々の様子や街の​風景を感じてみたい。それが出来ない事がどうしようもなく歯がゆ​い。でも、今ある、精一杯の感性で演奏するしかない。まだまだ未​熟なりに、何かが伝えられたら・・。

この二人の名を教えてくれたカフェ「Dindi」(6月2日のラ​イブの会場です)のシルビアさん、早々と完売だったのに、キャン​セル待ちで「立ち見でも良ければ・・」と取り計らってくれた友人​のハルミさん、本当にありがとう。こんな素晴らしい世界を知る事​が出来て、心から感謝しています。」

・・何だかちょっとカッコつけたエッセイ風になってしまいましたが・・正直な気持ち。アルゼンチンだけでなく、いつものbossa nova(ブラジル)も、オリジナルも、すべてに共通する事だと思います。

ますますシビアになってきました。深く知れば知るほど・・。

だけど、そこがまた魅力的でもあるんですね。自分が変わらないと音楽も変わって来ない。少しづつだけど、果たして変わってきてるかな?





































..
by akogold | 2012-05-14 01:08 | ライブ