有森博 ピアノリサイタル

岡山出身のピアニスト、有森博さんのピアノリサイタルに行きました。毎年、久世エスパスホールでこの時期にされています。私も、ここ最近は、よほどの事が無い限りは聴きに行っています。それには、私なりの理由もあるのです。
まず、何と言っても「素晴らしい!!」有森さんは、ロシアを拠点にされていて、このリサイタルでも副題に「ロシアピアニズムの系譜」とつけて、全てのプログラムがAllロシア作品。その確固たる信念の通り、必ず期待通り素晴らしいのです。最近は、あまりクラシックのコンサートには行ってないのですが、これは外せない!017.gif
b0212316_1916333.jpg


もう一つは、このコンサートを企画している方の強い思いに共感しているから。
もう、何回目ですかね・・Vol.7だから7回目?本当に残念でならないのですが、お客さんが少ない・・。
エスパスホールはキャパ500席くらいあるのですが・・。特に、真庭市や津山市周辺の音楽関係者や生徒さんらしき姿がほとんど見えないのです。(みんな何してるんだろうな~・・ピアノの先生達とか・・007.gif
それでも、その企画されてる方は、「どんなにお客さんが少なくても、絶対毎年やる!!絶対にやり続ける!だってほんとうに素晴らしいから・・」と言われました。その言葉を聞いてすごく共感しました。

コンサートやライブ、超人気者でほっといても人が集まるならいいけど、本当に大変なのです。たとえどんなに有名でも、内容が素晴らしくても、なかなか難しい・・くじけそうにもなります。(泣きそうな時も・・007.gif)それでも続けることの大切さを、このコンサートでも感じるから、毎年行こうと決めているのです。

そして、今日も・・泣けました。メトネルなんて作曲家、知りませんよ。もちろん曲なんか聴いた事もありません。でも、そんなの関係ないんです。良いものは良い!初めて聴く作品の素晴らしさ、演奏の素晴らしさ、スタインウェイの音色の何と言う美しさ・・・。激しく心を動かされました。ただただ、その音楽の渦に巻き込まれていました。

この素晴らしさをどう広めたらいいんでしょう・・。もっともっと多くの人に聴いて頂きたい。しかも、全国でここでしか聴けない作品なのです。それが、開演時間15~20分前になって、「あ、そろそろ行こう!」って言っても間に合うくらい近い会場で聴けるんですよ。(いつもフットワーク軽そうに動いているけど、良いライブやコンサートのため、岡山も、倉敷も、米子も、70~80キロ近く距離があって、高速とばして?1時間以上かかってるんだから~・・008.gifお~、津山市までだって40分だよ~・・)

え~、つまり地元の方にもっと来ていただきたいなと思います。感動を共有したい。それに、その街の活力は文化のレベルの高さとも通じると思うから、頑張って広めていきたいですね。もちろん私自身の活動も、くじけず継続して、信念を貫けるように・・・。
[PR]
by akogold | 2012-04-29 19:16 | 音楽